MAT-021

代数1

コースID
MAT-021
部署
数学
レベル
7~8年生、9~12年生
インストラクター
スー・シェライン
セメスター
2020年春
クレジット

代数学は、既知量と未知量の関係とそこから生じる概念の研究である。このコースは、高校の数学コースの基礎となるものである。数学の具体的な学習から抽象的な学習への架け橋となります。トピックには、式の単純化、方程式や不等式の評価と解法、線形・二次関数と関係のグラフ化などが含まれます。コースの内容の中に実世界での応用が提示され、関数のアプローチが強調されています。

  • ユニット 1 - 変数、関数、グラフ
  • ユニット 2 - 有理数
  • ユニット 3 - 方程式を解く
  • ユニット 4 - 不等式を解く
  • ユニット 5 - グラフと関数
  • ユニット 6 - 一次方程式とグラフ
  • ユニット 7 - 方程式と不等式の系
  • ユニット 8-指数と指数関数
  • ユニット 9-多項式と因数分解
  • ユニット 10-二次方程式と関数
  • Unit 11-Radical Expressions & Equations with Rational Expressions & Equations
時間場所お部屋の様子日付範囲インストラクター
TBD - TBDオンラインバーチャル1月~6月スー・シェライン
授業時間 セカンダリー (8-10): 2学期まで続く85分のブロックセッション。
使用したテキスト。 代数1 プレンティスホール/ピアソン
このコースの終了までに、生徒は高校の代数と問題解決の強力な基礎を持っている必要があります。このコースは、幾何学や代数2などの他の上位レベルの数学コースで成功するための準備をすることです。これらのコースの基礎は代数1で構築されています。